後衛の配球について

MENU

後衛の配球について

後衛の選手で、相手コートに隙を作るための配球が上手く出来ていますか?
ソフトテニスで後衛は相手の陣形を崩して、前衛にチャンスボールを上げさせるように配球をすることが一番の役割と言えますね。

 

 

相手のコートの隙を見つけ、なければ空いている場所を作る為の配球を考えて相手前衛に取られずに、ボールを打っていくことが大切になります。
もちろん、1本で隙ができなければ、2本、3本と考えていく必要があります。

 

 

そんな後衛の配球で有効なのは、アレーコートにボールを打って相手後衛をコートの外に押し出すようにすることです。
この時には、味方の前衛がストレートに守り、相手の後衛にクロスを打たせるようにして、空いているセンターへ攻めのボールを打ち込んでいきます。

 

 

たいていはフォアに回り込むために、また、自分の前に相手は返球してきます。
そこで味方の前衛は、そのボールをポーチボレーで止めにいくようにするわけです。
また、クロス展開で相手後衛のバック側を攻めるなら、ロブをストレートに打っていきます。

 

 

この時には、アレーコートに打って長い距離を走らせて相手後衛を外に押し出すことで、チャンスを作ることが出来ます。
このようにアレーコートにしっかり打てるようになると攻撃力が格段にアップしてきます。

 

 

いずれにしても、自分が攻めたいコースを攻撃するには、まずはその逆へとボールを打って空きスペースを作り、最後の攻めへ繋がる伏線を仕掛けておきましょう。

 

 

文大杉並高校ソフトテニス部監督 野口英一監修のソフトテニス上達革命DVDでは、相手にチャンスボールを打たせやすくする練習が紹介してあります。

これをすることで、アレーコートにボールがどんどん入りやすくなり、次のチャンスを作って得点に結びつきやすくなるでしょう。

 

後衛なら確実にものにしたい狙ったコースに鋭いボールを打てるようにする練習とは?

 

ソフトテニス上達革命の詳細を見てみる