前衛のポジション取り

MENU

前衛のポジション取り

前衛のポジション取りが上手く出来ていますか?
これが出来ないと、いくらボレーやスマッシュなどのショットの技術があっても、それを生かせる場面がありません。

 

 

前衛の基本ポジションは、ネット際で相手後衛と自分のサイドのコーナ、並びに自陣のセンターマークを結んだ線の中間に立ちます。
ただ、ラリー中はサイドに張り付いているだけでは相手は怖さを感じません。

 

 

何故なら、ポーチされる心配せずに、オープンサイドを軸にラリーに専念すればいいからです。
そして、ポジション取りで大切になるのは、相手後衛にボールを取られるのではないかというプレッシャーを与えることです。

 

 

それには常に味方の前衛の存在を、相手に意識させるポジションを素早く取れるようになることが必要です。
それによって、相手後衛の打つコースを狭めたり、相手を騙す動きでミスを誘うことができます。

 

 

例えば、取りに行かないように見せて相手に打たせたボールを取りに行ったりと、誘いの動きで騙すことも出来ますね。
このようにすれば、ポーチボレーや深いスマッシュなどをどんどん打てたりと、試合を有利に運ぶことができます。
サービスやレシーブも重要なプレーですが、ポイントに直結することが多いネットプレーは、普段から精度を高めておく必要があります。

 

 

ネット近くに位置どりするようになるので、後衛に比べて相手がボールに触るまでの時間も短いので厳しい状況で対応しなければいけない場面も多いので、ネットプレーの技術を向上させ、より早いポジショニングを心掛けることが大切です。

 

 

基本的には、試合の前半は「後衛のいない側を守るのか」「ボールを取りに出てくるのか」など、すぐにでも動きだすように思わせてプレッシャーをかけながらも、動かない戦術がいいでしょうね。

 

 

ただ、正しい正確なポジションで、常に1歩で取れる甘いボールは狙い、誘いの動きで仕掛ける動きもしていく必要があります。
どちらにしても、ボールの取り方や相手との駆け引きを学んでいくようにしましょう。

 

 

文大杉並高校ソフトテニス部監督 野口英一監修のソフトテニス上達革命DVDでは、前衛が適切にボジションを取れるようにする為に、ある簡単な道具を使った効果的な練習が紹介してあります。
すぐにできて効果抜群な方法なので、試合に勝ちたいなら明日からでも取り入れてみると良いでしょう。

 

前衛が絶妙なポジション取りが出来るようにる練習方法をお教えします!

 

ソフトテニス上達革命の詳細を見てみる