正面ボレー 打ち方 ソフトテニス上達革命 DVD 野口英一 コツ 練習方法

MENU

正面ボレーの打ち方

正面ボレーを決めることが出来ていますか?
ストロークが安定してきたら、次に精度を上げたいのが、ノーバウンドのボールを直線的に打ち返すショットであるボレーです。

 

 

ストロークと同様に重要なのは準備です。
軸足が設定された時にはティクバックが終わっていることで、様々なコースに打つことが出来るようになれます。

 

 

その基本となるのが正面ボレーで、ネット前で体の正面にボールが来た時に使い、片足を1歩踏み出して取る打ち方です。

 

 

当然、距離も近くなるので、ボールに負けないようにしっかりラケット面を作る必要があります。
そんな正面ボレーの打ち方は、ネットからラケット2本分くらい後ろで待球姿勢をとります。この時にはラケットのシャフト部分にもう一方の手を添えて支えておくようにします。

 

 

そして、左足を小さく斜め前に踏み出し、右足を1歩前に出しステップし、軸足の右足決めてテイクバックし、ボールを体に引きつけます。
この時には、ラケットは大きく動かさないのがポイントで、肩よりもラケットのヘッドが後ろにいかないようにしましょう。

 

 

そうすることで手首を使わずに、肘を支点にしてトンカチで釘を打つような小さな動きにすることで、安定して打てるようになれます。
これがボレーのコツで、正面だけではなく、フォアもバックハンドも同様です。

 

 

また、振り出す時にラケット支えているもう一方の手を離し、インパクトではグリップを握り真っ直ぐに前に出すことでヘッドが走り、速いボールが打てるようになれます。

 

 

文大杉並高校ソフトテニス部監督 野口英一監修のソフトテニス上達革命DVDでは、具体的にどんな準備をいつのタイミングでいつまでに完了できていなければいけないのか、全国制覇した宮下選手の実演と、発展途上の選手との違いを明らかにしながら分かりやすく解説してあります。

特に、ミスが多い選手や、相手のコースが読めずに準備できないという方は必見です。

 

どのコースに来てもボレーが決められるようになりたい方へ

 

ソフトテニス上達革命の詳細を見てみる