試合に勝つには

MENU

試合に勝つには

ここではソフトテニスで試合に勝つにはどうすればいいのかについて見ていきます。
上達の参考になれば幸いです。

試合に勝つには記事一覧

ソフトテニスの試合に勝つには、多く得点するより、ミスを減らすようにしたほうが勝つことが出来ます。得点競技である以上、どのようなレベルの選手たちでも、ミスが少ないペアが勝ち、多い方が負けてしまうのです。つまり、ミスの数が勝負を決めると言っても過言ではないでしょう。その為、ポイントを多く取っていくよりも、難しいボールは粘り強く徹底して繋いで、相手のミスを誘うようにしたほうが良いと言えるのです。そして、...

ソフトテニスのダブルスのセオリーを理解していますか?ゲーム展開を有利にし、試合に勝つためにもセオリーを知っておくことが大切ですね。まず、前衛はポジションとりを早くして、相手を惑わしていきましょう。それには、コースをわざと空けて相手に打たせてボールを取るような動きをすると良いでしょう。このようにすれば、慌てて動くことも減って、正しいポジションを相手に印象づけることが出きます。ですが、敵のチームが後衛...

後衛の選手で、相手コートに隙を作るための配球が上手く出来ていますか?ソフトテニスで後衛は相手の陣形を崩して、前衛にチャンスボールを上げさせるように配球をすることが一番の役割と言えますね。相手のコートの隙を見つけ、なければ空いている場所を作る為の配球を考えて相手前衛に取られずに、ボールを打っていくことが大切になります。もちろん、1本で隙ができなければ、2本、3本と考えていく必要があります。そんな後衛...

前衛のポジション取りが上手く出来ていますか?これが出来ないと、いくらボレーやスマッシュなどのショットの技術があっても、それを生かせる場面がありません。前衛の基本ポジションは、ネット際で相手後衛と自分のサイドのコーナ、並びに自陣のセンターマークを結んだ線の中間に立ちます。ただ、ラリー中はサイドに張り付いているだけでは相手は怖さを感じません。何故なら、ポーチされる心配せずに、オープンサイドを軸にラリー...

ソフトテニスの試合を有利な展開に運ぶためには、ラリーの始めのショットであるサーブ・レシーブから攻撃に繋げたいですね。ですが、どれだけサーブやレシーブが強く打てたとしても相手を崩せないと次の攻撃に繋がりません。サーブはサービスコーナーやセンター、レシーバー正面に打ち分けることが大切です。相手の正面やフォア側に打ってしまえば、逆に敵のチャンスボールになってしまいますからね。で、レシーブでは相手を1歩で...

ソフトテニスのダブルスの試合で勝つためには、前衛の動き方が大切になってきます。特に前衛は素早くポジションどりをして相手の打つコースを狭めることが必要です。これが出来ないと、ボレーなどの打つ技術があっても、それを活かすことが出来なくなってしまうからです。例えば、ラリーで前衛がボールを取りに出る場面で動き方としては、まず、相手後衛がストロークスでミスを続けた時には、気持ち的に弱気になります。そうした時...

ソフトテニスの試合に勝つには、相手のプレーを予測して動き打っていくことが大事。それが出来れば、試合を有利に進めることができますね。それには、グリップの使い分け、相手が一番高い確率で打ってくるコースや球種などのセオリーを知っておくと予測もしやすくなります。例えば、ストローク時の相手のグリップによって打ち方やコースを見極めることも出来ます。ウエスタングリップなら、高い打点で打ちやすいのトップ打ちに注意...

ソフトテニスの後衛の技術として、打点の高さの打ち分けがしっかり出来ることが試合にに勝つためには大切です。主にベースライン付近でプレーする後衛は、グランドストロークを中心にラリーを組み立てることが主な役割なので、ストロークをきちんと打てることが最低条件です。当然、相手の後衛に返すだけではなく、敵の前衛を牽制しながらのプレーが求められます。そして、グランドストロークは打点の高さによってアンダー、サイド...

ソフトテニスでポーチが決まらないということはありませんか?前衛で良くあるのがポーチでに出ても逆をつかれ、上手く決めることが出来ないというものです。これはポーチボレーのタイミングのところでもお伝えしていますが、相手が打つ前に出てしまっては逆をつかれてしまいます。また、クロス展開の打ち合いになった時にコーナーに深いボール、つまりアレーコートに入った場合には、こちらが攻撃的なボールを打てているということ...

ソフトテニスで前衛でレシーブミスしたり、ショットが上手く打てないで困っていません?ダブルスの前衛なら、セカンドレシーブをネットにひっかけたり、アウトにしてしまう…。入ってもコースが甘くなってしまうなど、レシーブミスが多くなってしまっては、ラリーも続かず簡単に失点しまうので、ペアの信頼をなくしてしまいかねません。基本的に、前衛も後衛もストロークする場合よりも大振りすることなく、コンパクトなスイングを...

ソフトテニスの後衛ならレシーブをしっかり狙ったコースに打てるようにしておきたいですね。レシーブの成否が試合の展開を左右するといっても過言ではないからです。後衛でレシーブが入らないなどの悩みがあるならストロークとの違いを知っておくと良いでしょう。というのも打つ場所で打ち方も変わってくるからです。基本的なストロークはベースラインあたりで打ち合いますが、レシーブはサービスコートに入ってくるボールを打つよ...

ソフトテニスの試合で勝つためには、レシーブからの攻撃パターンを複数持っておくことが大切です。そもそもレシーブで一番のポイントとなるのは、少しでも相手を動かして打たせ、相手を定位置に戻らせないようにすることです。そんなレシーブからの攻撃パターンとして、例えば角度つけたレシーブでサーバーを前に引き出すようにすると良いでしょう。サービス側の後衛が、クロスにサーブを打ってきたら、レシーブ側の後衛はショート...

フットワークの練習を行っていますか?ソフトテニスで相手のボールを打ち返すには、ボールの方向に合わせて、素早くフットワークでベストポジションに移動することが求めれます。例えば、右利きで左サイドへのフットワークの場合、緩いボールに対しては、左側に回り込んでフォアハンドで打つのがベストです。その際、ボールがバウンドする前に軸足となる右足をしっかり決め、そこから踏み込む左足の位置によって、ボールとの距離を...

ソフトテニスで初めての大会に勝ち抜くためにはどうすればいいのでしょうか?新人戦などの大会を控えてまずやるべきことは、サーブとレシーブの強化です。何故なら、この2つができなければ試合にならないからです。その為、初心者はサーブがどれくらいの確率で入れることができるのか?自分のレシーブで得点につながるのは何か、把握しておくことが必要です。中級者なら、レシーブ後の3球目をどのように攻めるか、また、試合での...

ソフトテニスでレシーバーは打つコースが見当たらない場合は、たいていロビングを上げてきます。例えば、強いサーブでクロスを攻めた後に、緩めのサーブでセンターのほうにやや回り込ませるようなコースに打つと、相手レシーバーは打点が落ち、ロビングをあげてくることが多い。それを前衛が追いかけてスマッシュで決める。このような戦術は後衛のサーブの質やコース、前衛の巧みなフェイントがうまくかみ合うことで可能になります...