ミスを減らす方法

MENU

ミスを減らす方法

ソフトテニスの試合に勝つには、多く得点するより、ミスを減らすようにしたほうが勝つことが出来ます。
得点競技である以上、どのようなレベルの選手たちでも、ミスが少ないペアが勝ち、多い方が負けてしまうのです。

 

 

つまり、ミスの数が勝負を決めると言っても過言ではないでしょう。
その為、ポイントを多く取っていくよりも、難しいボールは粘り強く徹底して繋いで、相手のミスを誘うようにしたほうが良いと言えるのです。

 

 

そして、ミスをしてしまう原因の多くは、ボールに対しての準備の遅れです。
例えば、フットワークやラケットの構え、テークバック、打点、ためらい、状況判断の遅れなどがあります。
これらをなくすことで、かなりのミスを練らすことが出来ます。

 

 

また、どんなプレーでも身体の軸が崩れると失敗しやすいですし、練習では「1本ぐらい、いいや」とは考えるのではなく、失敗に厳しくなることを意識して行うことが大切です。

 

 

チエックポイントしては、試合のどの場面で上手くいかないのか、ポイントを取った時、失った時のプレーは何か、ファースト、セカンドサービスの種類は何か、プレッシャーがかかった時に、自分はどんな状態になるのかなど、練習中から確認しておくようにすることが、試合でミスを減らす方法と言っても良いでしょう。

 

 

更に、試合では自分の出来ないことをやると上手くいかないので、ミスするような危険なプレーはしないことが、負けないテニスです。
なお、ボールを打つときの軸足の決め方とその最適なタイミングが、できないとミスショットや力のない打球になってしまいます。

 

 

軸足がしっかりと決まっていないと力が入らず上手くいきませんし、ボールの威力も弱くなります。
逆にしっかりしていると打つ前の準備を整えることができ、失敗が減ってキレのあるボールを打てるようになります。

 

 

この文大杉並高校ソフトテニス部監督 野口英一監修のソフトテニス上達革命DVDでは、それを踏まえ、軸足を設定するタイミング、どの位置にするか、足の向き、体の傾き度合いなど、具体的に詳しく解説してあります。

 

ボールを打つときの軸足の決め方をお教えします!

 

ソフトテニス上達革命の詳細を見てみる