後衛 打点 ソフトテニス上達革命 野口英一

MENU

後衛の打点の打ち分け

ソフトテニスの後衛の技術として、打点の高さの打ち分けがしっかり出来ることが試合にに勝つためには大切です。

 

打点の打ち分け

 

主にベースライン付近でプレーする後衛は、グランドストロークを中心にラリーを組み立てることが主な役割なので、ストロークをきちんと打てることが最低条件です。

 

 

当然、相手の後衛に返すだけではなく、敵の前衛を牽制しながらのプレーが求められます。
そして、グランドストロークは打点の高さによってアンダー、サイド、トップに分けられまず。

 

 

アンダーは、膝を曲げて腰を落とすのがポイントになり、低い軌道でスイングを始め、インパクトの瞬間にはラケット面はグリップより下の位置にきます。
インパクト後は上方向にラケットを振り上げるとドライブ回転が掛かります。

 

 

サイドストロークは打点は腰付近の高さなので、重心はアンダーよりも高くなり、ラケットを地面と平行に振り抜き、ボールをフラットに捉えるようにします。
パワーとスピードを兼ね備えている中級者以上の選手はこのショットが基本になるでしょう。

 

 

ただ、打点が低いほどボールにドライブ回転が掛かり安定感が生まれてきます。
反対に、打点が高いほど難易度が高くなりますが、それだけ力強いショットになるので、チャンスボールを後衛が自ら得点するにはトップ打ちは必須のショットです。

 

 

その中でもバックハンド行うのは習得するのが簡単ではありませんが、レベルアップのためにはフォアとバックで打ち方を身につけて、試合の局面に応じて使い分けられるようにしたいものです。
相手に後衛も得点力があると警戒させられれば、その後の試合展開も有利に進められますからね。

 

 

なお、バックハンドが上手く出来ない時には、腰の回転と体重移動を意識しながら、打点を打ち分けるように練習してみてください。
特にトップストロークは体全体を使うことが大切です。

 

合わせて読みたい関連記事

トップ打ちのコツ