後衛 攻め方 ソフトテニス上達革命 野口英一

MENU

後衛の攻め方

ソフトテニスのダブルスで勝つには、後衛の攻め方が大切になります。
2人で1本を取るダブルスでは、直接得点に結びつくボールを打つのは前衛が多くなりますが、後衛がしっかり攻めないとポイントを取るのが難しくなるからです。

 

後衛の攻め方

 

その為、後衛の攻め方のポイントを押さえておくと良いですね。
まず前提になるのが相手との打ち合いで負けていては攻めに繋げることが出来ないので、打ち負けることなく自分の打ちたいコースを狙えるようにしていくことが必要です。

 

 

その際は同じフォーム、同じ打点からコースの打ち分けられるようにしましょう。
例えば、シュートと見せかけてロビングでかわしたり、球種やコースを相手に読まれないで打てるようにすれば、有利に試合を運ぶことが出来る筈です。

 

 

更に、カットストロークはもちろん、サイドストロークなども同じフォームで打ち、同じ打点から長短の打ち分けるようにして、相手を前後に揺さぶると良いです。

 

 

また、深いロビングが打てるようにしておきましょう。ベースライン1メートル以内の範囲に打つことが出来れば相手は攻めずらくなるからです。
逆に短いロビングを打ってしまうと、敵にチャンスボールを上げてしまうことになってしまうので気をつけてくださいね。

 

 

そして、一般的に前衛は、相手の後衛に高い打点で構えられてしまうと、サイドを抜かれたり威力のある速い打球が来るのではないかと思い、ネットに詰めるようになります。
その為、高い打点でトップ打ちが出来るようにし、アタック、サイド、センター等の敵の前衛を攻めるコースを打てるようにしておけば、動きを止めることが出来るので効果的です。

 

 

ロビングやショートボールはアレーコートに打ち、敵の後衛を定位置から打たせないようにすれば、返球が甘くなったり、ミスもそれだけしやすくなります。
一方、味方の前衛に攻めてもらうためには、敵の後衛の左足を狙って打つといいです。

 

 

そのようにすれば、回り込んでフォアで後衛前に返球することが多いので、それを味方の前衛が狙っていくようにするわけです。
また、テークバックをし、軸足にタメを作る際に利き手の反対側の肩を内側に入れるようにすると、相手前衛はクロスかストレートか分かりにくくなりますよ。

 

 

その他にも、自分の得意なボールを後半で使えるようにのこしておくのも良いですね。前半はその逆のボールを見せておけば、ここぞというときに効果的です。
ですが、最初から得意なショットなどの手の内を見せてしまうと、相手が警戒して、試合の後半に攻めるところがなくなってしまうこともあるので注意してください。

 

 

そのうえで、1対2でも勝てるような配球をすることが重要です。
相手がロビングを打ってきて、走らされても敵を揺さぶり返すような配球をするのです。それには、しっかりボールを見極めて攻撃できるように普段から練習をしていくことが大事です。

 

 

試合では同じコースばかり打っていては相手の前衛に取られたり、攻撃を読まれてしまいますので、後衛は特に試合の中で打ち分けが出来ないといけません。

 

 

引っ張りであったり、流しであったりとコースをしっかり打ち分けをすることで、相手に球を絞らせないことが出来ます。
それには、それぞれの打ち方をしっかり身につけておくことが重要です。