グリップ 握り方 ソフトテニス上達革命 DVD 野口英一 コツ 練習方法

MENU

グリップの握り方

ソフトテニスで、思いどおりのところにボールを打ってプレーするには、まずは正しいグリップの握り方(持ち方)を身につける必要があります。

 

 

グリップの握り方の種類には色々ありますが、大きくわけると2通りです。
一つは、地面に平行に置いたラケットを上から握った状態になるウエスタングリップ。
これは利き手でない方の手でラケットのシャフトを握り、利き手の手のひらをガットの部分に置き、その状態からグリップの方へ移動させて握ります。

 

 

これは最もポピュラーなので、初心者の段階では前衛、後衛問わず殆どのプレーをこれで対応します。
フォアやバックハンド、ボレー、サーブ、スマッシュなどあらゆるショットに使うことが出来ます。

 

 

ですが、5本の指で強く握ってしまうと、腕全体に力が入って、ラケット操作がやりにくくなるので、小指、薬指、中指の3本で握り、残りの2本の親指と人差し指は軽く添える程度にしましょう。

 

 

加えて、小指が外れないように手首の付け根はグリップエンドの位置にすることも大切です。
もう一つは、ラケット面が真横(地面に対して垂直)になるように握るイースタングリップ。
短いボールや地面すれすれのバウンドの低いボールにも手が届きやすいという長所があります。

 

 

また、ボールに回転をかけやすので、スライス・カットサーブなど手首を使うプレーに適しています。
更に、この2つの握り方の中間で、ラケット面が左斜めを向くセミイースタングリップも合わせて理解しておくとプレーの幅が広がります。

 

 

スナップが使える分、低い打点でボールに回転をかけやすく、引っ張りのコースを打ちやすくなるので、スマッシュやサーブなど強いボールが打てるようになれ、頭上のボールに対応しやすくなるでしょう。

 

 

いずれにしても、ある程度上達してきたら、より効果的に打ち分けられるよう、プレーによって適したグリップの握り替えも試合に勝つには必要になってくるでしょう。

 

 

この文大杉並高校ソフトテニス部監督 野口英一監修のソフトテニス上達革命DVDでは、基本から得点につながるような強力なサーブや、速いボールを打つためのコツの一つでもあるグリップの握り方などのポイントも、練習方法を含めて詳細に解説してあります。

 

初心者からでも短期間で上手くなって試合に勝てる方法

 

ソフトテニス上達革命の詳細を見てみる