ロブ コツ ソフトテニス上達革命 DVD 野口英一

MENU

ロブのコツ!フォアの低、中、高のポイントは?

ソフトテニスのロブ(ロビング)が上手く打てていますか?

 

ひとくちにロブといっても低い打点で打つ場合や、ミドルやトップの打点で打つ場合もあります。

ロブのコツ

 

低い位置から打つロブは、相手の前衛を避けたり、自分の不利な体勢を立て直す場合に有効なストローク。

 

 

基本は相手コートのベースライン付近の深いところにコントロールして打つことですが、低い打点からロブを打つ場合は、膝を柔らかく使うのがコツです。

 

このときには、膝をしっかりと曲げてタメをつくり、膝のバネの伸ばす力を利用して全身を
使いボールをラケットに乗せるような感じでインパクトします。

 

つまり全身を使ってボールを運ぶように打つということですね。

 

 

低い打点でロブをうまく打てない人に多いのは、上体が前に倒れてしまったり、もしくは、ボールをあげようと意識しすぎて上体がのけぞってしまっています。

 

そうなると下半身の力を使えず手打ちになり、うまくロビングをあげることができなくなります。

 

スイングするときには上体をしっかり立て打つことを意識することが大切で、そうすることでコントロールも良くなります。

 

 

一方、ミドルやトップの打点(中、高)でロブを打つ場合も、フォーム自体は低い打点同じように打つのが基本です。

 

相手前衛のラケットの届かない高さに打つことで、攻撃的なロブになります。

 

この時にはインパクトが高くなるので、その分引きつけて打てますが、速いシュートボールを打つように見せかけて、相手の一歩目を遅らせることがポイントです。

 

 

なので、相手にシュートかロブか予想されないようにボールを引きつけ、しっかり見て体の前でインパクトしましょう。

 

ただし、ボールを引きつけることを意識しすぎると、ミートポイントが近くなりすぎてミスショットの原因になってしまうので注意してくださいね。

 

シュートボールが打てる打点からのロブは、チャンスボールとも言えるので、ロブとシュートをできるだけ同じフォームで打つことが理想です。

 

 

膝を曲げてタメを作り、ボールを引きつけて下から上にドライブ回転をかけて相手後衛を走らせるようなコースにコントロールできるように練習していきましょう。

 

TOPへ