フットワーク コツ ソフトテニス上達革命 DVD 野口英一 練習方法

MENU

フットワークのコツ

ソフトテニスで、フットワークがしっかり出来ていますか?
速い球に追いつけなかったり、追いつけたとしても走りながら打ってしまうなど、体勢が崩れてしまって、しっかり打つことが出来ないという人も少なくないでしょう。

 

 

相手から飛んできたボールの元へ早く移動する為には、無駄のないフットワークをする必要があります。
それには、1歩目を素早く動き出すことがポイントです。

 

 

そんなフットワークのコツは、足の裏全体で地面を踏みつけて反動をつけることです。
そのようにして進みたい方向に移動すると、スムーズに動き出しが出来ます。
また、この時には待球姿勢から一瞬膝の力を抜いて、両足のかかとで地面を踏みつけ、下半身から動かす意識を持つて行いましょう。

 

 

そうすることで、体のバランスも保ちやすくなりますし、スピードも上がります。
この後は、足を大きく交差させるクロスステップで走り、打球の近くなったら歩幅を小さくして距離を調節します。

 

 

試合では、特に左右に振られることが多いので、効率よく相手のボールの元に移動できるようにしっかりフットワークを鍛えておきましょう。
更に、試合ではバック側に相手が打ってくることが良くあります。

 

 

そのようにするのは、一般的にバックハンドは苦手な選手が多いからです。
そこで、フォアハンドでしっかり返球すれば有利になるので、回り込みフットワークを使うのです。

 

 

これは半円を描くようにフットワークをするのがコツです。
例えば、コート右側のクロスポジションにいて、バック側に打たれたら、向きを変えて半円を描くように走り、打球に近づいたらフォア側に向きを反転させ、軸足を正しく置いて踏み込んで打つようにするのです。

 

 

このようにすれば、打球に対して後ろから身体を入れていくようになるので、ボールとの距離を調節しやすくなり、狙えるコースや球種も増えて打ちやすくなります。
ですが、直線的に進むと、ボールとの距離が掴みにくいうえに、打ち返す体勢が不十分なまま詰まった状態で返球するようになってしまいます。

 

 

いずれにしても、試合では少なからず相手に動かされながらボールを打つようになるので、動きながら、いかに準備をして打つか?ということがとても重要になってきます。

 

 

文大杉並高校ソフトテニス部監督 野口英一監修のソフトテニス上達革命DVDでは、林田選手のプレーを参考にしながら良い例、悪い例を交えながら分かりやすく解説してあります。

 

フォアの回り込みを制してワンランクアップする方法が学べます!

 

ソフトテニス上達革命の詳細を見てみる