ボレー スマッシュ ソフトテニス上達革命 DVD 野口英一 コツ 練習方法

MENU

ボレー&スマッシュを決める

ここではソフトテニスでノーバウンドで打ち返す得点力の高いショットである、ボレー&スマッシュを決めるポイントについてまとめています。

ボレー&スマッシュを決める記事一覧

正面ボレーを決めることが出来ていますか?ストロークが安定してきたら、次に精度を上げたいのが、ノーバウンドのボールを直線的に打ち返すショットであるボレーです。ストロークと同様に重要なのは準備です。軸足が設定された時にはティクバックが終わっていることで、様々なコースに打つことが出来るようになれます。その基本となるのが正面ボレーで、ネット前で体の正面にボールが来た時に使い、片足を1歩踏み出して取る打ち方...

ソフトテニスで、フォアボレーをしっかり決めることが出来ていますか?ネットに対して斜め前に詰めて、利き手側に飛んできたボールを体の前で打つショットがフォアボレーになります。直線的な低めのシュートボールがきた時や返球が甘い時、相手のコースを読んで止めに行く場合などで使います。前衛ならそれだけ得点する機会も多いので、精度を高めておきたいところですね。打つ時には、りラックスした構えから、瞬時にボールに反応...

バックボレーが苦手ということはありませんか?ソフトテニスの前衛の選手で、ネット付近でバック側にボールがきた時に、遅いボールは対応できるが、速いボールだと上手く出来ないという人も多いのではないでしょうか。そんなバックボレーのコツは、フォアボレーと違って、ネットに対して軸足を90度に設定して、肘を支点にしラケットを大きく振らずにボールをインパクトすることです。また、この時にネットに対して直角に身体をひ...

ポーチボレーをしっかり決めることが出来ますか?ソフトテニスで、ネット前にいる前衛が敵の打球コースを読んで、走り込んで行うのがポーチボレーですね。その際には、相手がいないオープンスペースを狙って返球し、打ち返されないようにする必要があります。また、瞬時に打球を取りに行く攻撃的なプレーになるので、打つコースを変えられてしまうとボールに追いつくことが難しくなってしまいます。その為、前衛のポーチボレーの動...

ソフトテニスでディフェンスボレーがしっかり出来ていますか?味方の後衛の打ったボールが短くなり、相手がトップ打ちなどの高い打点で前衛に向けて打つ攻撃的なボールを打ち返すショットがディフェンスボレーです。ですが、サイドを抜かれるなど、正面以外はボールを上手く捉えられないという前衛の方も多いのではないのでしょうか。これはポーチボレーのタイミングのところでもお伝えしましたが、如何に守りのポジションから移動...

ソフトテニスの試合で、スマッシュが上手く決めらないという人も多いと思います。スマッシュは、山なりなどのチャンスボールが来た時に、頭上の高い打点からラケットを上から振り下ろすことで、破壊力抜群の力のある速いショットで相手を攻撃することが出来るようになります。それには、素早くボールの落下点まで移動して、身体より前の一番高い打点でインパクトすることがスマッシュのコツです。そうすることでミスも減ってきます...

相手が苦しい体勢から甘いボールで逃げてきた時に、ネット前の前衛が高い打点からラケット面を残して弾くハイボレー。緩い打球が上がってくるので一見、簡単そうにみえますが、ミスもしやすいショットでもあるのかなと思います。高い打点でボールをとらえるためにも、出来るだけ早く打点の位置にラケット面をあげておくといいです。そんな基本的なファアのハイボレーの打ち方は、相手のボールの軌道をみて移動し、右の軸足を決める...

ソフトテニスで、回り込みのスマッシュが上手く打てますか?バック側にロビングが来た時や、相手が打ちそこなった山なりの短いボールがバック側に飛んできたときなどには、回り込みのスマッシュが有効ですね。トップ選手でも、バックハンドで打つことは殆どないからです。そんな基本的な回り込みのスマッシュの打ち方は、最初は、ネットに対してバック側に体を向けて、クロスステップボールを追いかけ斜め後ろに下がります。そして...

ジャンピングスマッシュが上手く出来ますか?ソフトテニスの試合では、ボールの落下点まで移動できずに体が入れないことも多いです。そんな時でもジャンプして体を前でとることで打てるようにするのが、ジャンピングスマッシュです。深いロビングやスピードある中ロブが来た時に走りながらジャンプして空中からから打つ高い打点の攻撃的なショット。そんなジャンピングスマッシュのやり方は、軸足である右足でジャンプして上半身の...

ソフトテニスの前衛ならローボレーはフォアでもバックでも確実に返球したいものです。ローボレーは腰、あるいはネットより下の高さに打たれたボールをノーバウンド打つショット。サーブやレシーブ後に、前衛がネットに詰める際に相手に狙われやすいので、ミスが多くなりがちです。フォア側のローボレーのコツとしては、膝をしっかり曲げて腰を低くし、ラケットは横の面で、身体全体を使ってラケットのヘッド上と引き上げるようにす...

ソフトテニスで試合に勝つには、ヒッテイングボレーもしっかり出来ることが大切です。ヒッティングボレーは、コート中央などのハーフポジションで良く使います。相手のボールが甘く、やや山なりに返球されたときなどのチャンスボールに対して、ストロークのようにラケットを振り抜いていくボレーです。その為、スイングボレーとも言われたりします。ノーバウンド返球するので、それだけ相手の準備する時間が短くなるので、効果的な...

ソフトテニスの試合では、前進してスマッシュを打たないといけない時もあります。例えば、ベースライン付近から攻撃的なボールを打った後に、相手が浅く山なりのボールを返球してきたら、ノウバウンドで、前進してスマッシュで打ち返します。ノーバウンド打つショットは、ワンバウンドさせて打つよりも返球時間が短くなり、相手に次の準備をさせないことができますから、ミスを誘うことに繋がりやすくなるからです。ですが、上手く...

ボレーやスマッシュの練習をしっかりしていますか?ボレーやスマッシュなどのネットプレーで大事なのは、ボールを取りに行くタイミングを掴むことや、ボレー後に相手の山なりの短い返球をスマッシュにいくなどの連続プレーができるようになること。つまり、ノーバウンドで打てるネットプレーの技術をしっかり身につけることが必要です。それには、ボレーとスマッシュを連続して打つ練習が効果的です。まずネット前に出されたボール...