回り込み スマッシュ ソフトテニス上達革命 DVD 野口英一 コツ 練習方法

MENU

回り込みのスマッシュ

ソフトテニスで、回り込みのスマッシュが上手く打てますか?
バック側にロビングが来た時や、相手が打ちそこなった山なりの短いボールがバック側に飛んできたときなどには、回り込みのスマッシュが有効ですね。

 

 

トップ選手でも、バックハンドで打つことは殆どないからです。
そんな基本的な回り込みのスマッシュの打ち方は、最初は、ネットに対してバック側に体を向けて、クロスステップボールを追いかけ斜め後ろに下がります。

 

 

そして、ボールの予想する落下地点に体を移動させる前に身体の向きを反転させ、右の軸足に体重を乗せて、右ひざでタメを作って、上半身をひねります。
その後、ラケット振り上げてスイングし、同時に右足の体重を左の踏み込み足に移動させるようにして打ちます。

 

 

このように下がる途中で体を反転させてフォア側に身体を回り込むことで力強いスマッシュが打てるようになります。
また、相手にフォローされないようにするには、スマッシュを打ち分けるようにする必要があるのかなと。

 

 

例えば、引っ張り方向に打つなら打点を前にとり、流し方向に打ちたいときは打点を少し後ろにして打つのがコツかなと思います。
また、打った後に胸が向くようにして、そのまま打った方向に身体を残すようにしましょう。

 

 

バックハンド側の浮き球は相手の狙いどころでもあり、やや甘くなってもバックハンドのスマッシュで叩くのは難しいので、いかに準備をして打つかです。
いずれにしても、練習から回り込みのスマッシュが出来るようにしておけば試合で大きな武器になるのかと思います。('ω')ノ

 

合わせて読みたい関連ページ

DVDの中身