ジャンピングスマッシュ やり方 ソフトテニス上達革命 DVD 野口英一

MENU

ジャンピングスマッシュのやり方

ジャンピングスマッシュが上手く出来ますか?
ソフトテニスの試合では、ボールの落下点まで移動できずに体が入れないことも多いです。

 

ジャンピングスマッシュ

 

そんな時でもジャンプして体を前でとることで打てるようにするのが、ジャンピングスマッシュです。
深いロビングやスピードある中ロブが来た時に走りながらジャンプして空中からから打つ高い打点の攻撃的なショット。

 

 

そんなジャンピングスマッシュのやり方は、軸足である右足でジャンプして上半身のひねり戻し腰の回転を使って上から下にラケットを振り下ろし、しっかりスイングするようにすることが大切です。

 

 

一連の動作の流れとしては、軸足(右足)に体重を乗せ、上半身をひねってテークバックを終え、右足で地面を踏み切ってジャンプ。
体の軸は真っ直ぐにして、更に腰をひねりながらラケットを振り上げ、振り下ろすための回転力を作ります。

 

 

次に、ひねった腰(上体)を戻し始めると同時にラケットを振り下げインパクトします。
この時も身体の軸は真っ直ぐにします。

 

 

そして、軸足の反対の左足で地面に着地し、打った方向に体を向けます。
上手く出来ない人に多いミスとしては、打点が体の後ろになってしまって、腰をひねってラケットを上から下に振り下ろすスイングをすることが出来ない人が多いです。

 

 

そうならない為には、相手のロビングを予測して、クロスステップしながら可能な限り早く落下点に移動し体の前で打点を合わせるようにタイミング取ることです。

 

 

ただ、空中に飛び上がってインパクトしますから、全身のバランスが重要になり両手両足を使ってバランスを取りながら、タイミングを合わせましょう。

 

 

特にダブルスでは、前衛が実戦でも使う機会も多くなるので、しっかり出来るようにしておきたいですね。
家などでもひとりで出来る練習方法としては、スマッシュを打つには、フットワークが必要になるので、タイミングと姿勢を覚えるためにも、足を使って下がってから素振りをやってみましょう。

 

 

その際は、実際にボールを来ることをイメージして、サイドステップやクロスステップで下がりながらジャンプして打つなど、様々なパターンでシュミレーションしてみるといいかと思います。

 

ソフトテニス上達革命の詳細を見てみる