ローボレー コツ ソフトテニス上達革命 DVD 野口英一

MENU

ローボレーのコツ

ソフトテニスの前衛ならローボレーはフォアでもバックでも確実に返球したいものです。
ローボレーは腰、あるいはネットより下の高さに打たれたボールをノーバウンド打つショット。

 

ローボレー

 

サーブやレシーブ後に、前衛がネットに詰める際に相手に狙われやすいので、ミスが多くなりがちです。
フォア側のローボレーのコツとしては、膝をしっかり曲げて腰を低くし、ラケットは横の面で、身体全体を使ってラケットのヘッド上と引き上げるようにすることです。

 

 

イメージとしては大きなお鍋の底に具が入っていて、それをお玉ですくって好きな人に食べさせてあげる感じです。
お玉ですくうところがインパクト、そのあとにそれを相手に食べさせてあげるところまで丁寧に持っていってあげます。

 

 

ローボレーの打ち方の一連の流れとしては、相手がストロークの構えをしたら一度止まり、待球姿勢をとります。
次に右の軸足に重心をかけ、下半身を低くして膝を曲げてテークバック。

 

 

この時にはラケットはあまり大きく引かないようにします。
そして、右足にあった体重を左足に移しながらスイングを始め、膝を曲げて、身体全体でボールを前に運ぶイメージでインパクト。

 

 

ラケット面でボールを押し出した横面のまま、上に引き上げてドライブ回転を掛けます。
ローボレーは、コートの中間あたりで低い打点で打ち返すようになるので、それだけネットを越えにくいので、ボールにドライブ回転をかけるのが一般的です。

 

 

ですが、逆回転のスライスでもネット越えやすいので、打球や状況に応じて回転を使い分けて打てるようになるとプレーの幅が広がるでしょう。
ちなみにボールにトライブ回転をかけると、バウンド後に高く弾みますし、スライス回転をかけるとバウンド後に低く沈みます。

 

 

また、ミスをしやすいローボレーのなかでもバック側は更に攻められやすいコース。
バックハンドはフォアよりも力を入れにくいので、体重を前に移動させながインパクトして、ボールを前に運ぶようにしていく必要があります。

 

 

ラケット操作は、ボールコースが自分よりも思ったより遠く、下から引きあげるスイングができずドライブ回転がかけられない状態なら、スライス面で返球するようにしたほうがミスはしにくいでしょう。

 

 

インパクトでラケット面を斜めにして、ボールの下側に当てながら、上から下におろすようにスイングしていきます。
ローボレーが苦手なら、弱点を自分の武器に出来るくらい練習をしていきましょう。

 

ソフトテニス上達革命の詳細を見てみる