前進してのスマッシュ ソフトテニス上達革命 DVD 野口英一 コツ 練習方法

MENU

前進してのスマッシュ

ソフトテニスの試合では、前進してスマッシュを打たないといけない時もあります。
例えば、ベースライン付近から攻撃的なボールを打った後に、相手が浅く山なりのボールを返球してきたら、ノウバウンドで、前進してスマッシュで打ち返します。

 

前進してのスマッシュ

 

ノーバウンド打つショットは、ワンバウンドさせて打つよりも返球時間が短くなり、相手に次の準備をさせないことができますから、ミスを誘うことに繋がりやすくなるからです。

 

 

ですが、上手く打てない人は、ボールの落下を待ちきれずに前かがみになったりして早く打球してしまい、ネットなどのミスをしてしまいがちです。

 

 

その為、前進しながらボールが落下してくるタイミングに合わせて軸足を前に出して、しっかりと自分の体の近くにボール引き付けて、タメを作って打つのがコツです。

 

 

そして、焦らずにしっかりと左足を踏み込んで、ラケットをふり抜いていくことが大切です。
そんな前進してのスマッシュの打ち方の一連の流れは、コート後方から落下点に向けて前進し、右の軸足を前に出しながら体をひねり、タメを作ります。

 

 

そして、インパクトのタイミングをはかりながら、左足を前に出し始め、右足に乗せた体重を左の踏み込み足に移しながら、体の前に打点をおき、左足に体重をかけてラケットを振りぬきます。
いずれにしても、前進して軸足を作って決めてから、ボールの落下に合わせてスイングしていくようにしていきましょう。