サーブ 種類 ソフトテニス上達革命 DVD 野口英一

MENU

サーブの種類

ソフトテニスの試合開始の最初に行われるプレーがサービスですね。
自分の狙いやタイミングで打つことができ、ゲームの主導権を握れる重要なショットになると思います。

 

サーブの種類

 

やはりうまい選手というのは、大事なところでサーブを決めてポイントを取っていきますからね。
そして、最初に打つのがファーストサービスで、それが失敗した時にに打つのがセカンドサービスです。

 

 

代表的なサーブの種類には、主に3つあります。
上から打つオーバーヘッド、肩の位置から打つショルダーカット、下から打つアンダーカットです。

 

 

基本はオーバーヘッドになりますが、ボールをラケット面に真っ直ぐ当てて打つフラット、インパクト時にボールの右斜め上をラケット面でこすって回転を与えるスライス、ボールの左斜め上をこすり回転を与えるリバースといった球種の打ち分けがあります。

 

 

初心者ならフラットからマスターするといいでしょうね。ボールに回転がかからないので、スピードがあつて威力のあるサーブが打て、コントロールもしやすいです。

 

 

スライスは、少しだけこするようにボールを打ち回転をかけるので、勢いがありファーストサーブで使われます。
ショルダーカットは、ラケット面にボールを乗せるようにして打ちます。安定性がいいのでセカンドサーブに多いかな。

 

 

アンダーカットは、下から回転を効かせて打つことから、変則的に飛ぶようになるので、相手の攻撃を封じやすく、ファーストサービスに有効でしょう。
出来れば、これら全部の種類のサーブをしっかりマスターしておくといいかなと思うので、この機会にその練習方法と打点などのポイントを知っておくといいでしょう。('ω')ノ

 

 

ソフトテニス上達革命の詳細を見てみる