トスの仕方 ソフトテニス上達革命 DVD 野口英一

MENU

トスの仕方

ソフトテニスのサーブの安定は、トスの仕方で決まると思います。
トスを正確に上げられないと、正しい位置でボールをミートすることが出来ず、タイミングもずれたり、身体のパワーも効率よく伝わりません。

 

トスの仕方

 

当然、狙ったコースにコントロールが出来ず、ネットに掛かったりサービスラインを越えてアウトになったり、そのうえボールのスピードや威力も半減してしまいます。
なので、サーブの練習はトスからやるといいと思います。

 

 

基本となるオーバーヘッドサービスを打つには、ボールを打つインパクト地点に真っ直ぐに上げることがポイントです。
ボールを投げる高さは個人差があると思いますが、目安としては自分の身長の1.5〜2倍くらい。

 

 

そんなトスの仕方は、手のひらにボールを乗せて、足を肩幅くらいに開いて、打ちたいコースの狙いを定めます。
この時のボールの握り方は、手のひらに卵を乗せるような感じで優しく握るようにするとトスが真っ直ぐに上がりやすですよ。

 

 

その後、ボールを持った腕を真っ直ぐに下げながら右足に体重を乗せ、左足のつま先は上げるようにし、そのままボールを持った腕を垂直にあげます。
また、ボールを離す位置は、手が肩くらいの高さにきたときくらいにするといいと思います。

 

 

そして、トスアップしながら、両足の膝を曲げてタメを作り、左手は高く上げてスイングしていきます。
また、よくやりがちなミスとしては、肘を曲げて手首を使ってしまうことです。

 

 

そのようにするとトスが曲がったり前後に行きすぎたりして、真っ直ぐにトスアップできず、身体が傾いたりしてサービスミスに繋がりやすいです。
で、そのような人は、左肩を支点にして左腕全体で真っ直ぐに上げるのと膝のタメで体の左側に壁を作るようなイメージであげていくと、安定したトス毎回上げれるようになるかと思います。(^_-)-☆