フラットサーブ コツ ソフトテニス上達革命 DVD 野口英一

MENU

フラットサーブのコツ

フラットサーブが上手く打てますか?
ラケットをウェスタングリップで握って、オーバーヘッドでボールに対してラケット面を真っ直ぐに当てて打ちます。

 

フラットサーブ

 

その為、力強いスピーディなサービスになります。
この時にフォロースルで振り下ろしますが、押し出すように意識して打つのがフラットサーブのコツかなと。
そうすることで、ボールを長く上から押し出すことが出来て、よりパワフルなサーブになります。

 

 

また、打点も大切で、ラケットを持っ手が耳に触れるくらい近くから振り下ろすようにすると、手が上手く使えません。
その為、左足からラインが上がって右肩を横切って真っ直ぐに上がるようにしてラケットを振ることが大切です。

 

 

更に手首に力が入った状態だと、ラケットのスピードが出にくくなるので、手首を柔らかく使ったスイングを心掛けるといいです。
そのうえで、トスからスイングまで肩や肘の可動域を大きく柔らかく使い、全身の力をボールにぶつけていくといいでしょう。

 

 

フラットサーブの打ち方の一連の動作としては、トスを上げたら両足に体重を乗せ、ラケットを右肩にかついで、膝を曲げてタメを作ります。
次に、両膝にためていた力を上にあげるイメージで曲げていた膝を伸ばします。この時にはテークバックからラケットの振りはじめになります。

 

 

そして、インパクトでボールに対してラケットを面をフラットに当て振り下ろします。その際には顔を真っ直ぐになるようにして目も水平にすることで、安定したサービスが打てるようになるはずです。

 

 

なお、全くオーバーヘッドサーブをやったことがない初心者の方なら、手も上にあがらないでしょうから、正面を向いて上からのスイングに慣れてから、体を斜めの形にしてやるといいと思います。

 

 

また、グリップの握り方もウエスタングリップからちょっとずらしたセミイースタンにしたほうがやりやすいかもしれません。
速くて威力があり、確実にフラットサーブがコントロールできるようにして、ゲームの主導権が握れるように練習していきましょう。