サーブ 素振り ソフトテニス上達革命 DVD 野口英一

MENU

サーブの素振り練習

サーブの素振り練習をしていますか?
ソフトテニスでサーブ(サービス)は一人で出来る唯一のプレーでなので、どんな場面でも安定して打てるようにしたいものです。

 

サーブの素振り

 

試合を有利に進める上で大切になるのが、ファーストサーブを制することが重要です。

 

 

特に最近は、セカンドサーブもファーストと同じように攻める傾向もあるので、まずは最初に打つ基本のスライスサーブのフォームを身につけるために素振りをしてイメージを掴むことが大切です。

 

 

サーブの素振り練習のポイントしては、スピードあるパワフルなショットを打ちたいので、トップスイングの時に膝を曲げ、体にタメを作り、インパクト時に全身をスムーズに伸ばします。

 

 

インパクトに向かうスイングでは、手首を柔らかく保ちながら肘、手首、ラケットの順で力を伝えるようにします。
手首に力が入った状態のままだとラケットスピードが出にくくなるので、手首を柔らかく使ったスイングを意識しましょう。

 

 

また、トスからスイングまで肩や肘の可動域を大きく使うのがサーブの特徴なので、肩や肘を柔らかく使って、全身の力をボールにぶっけるようなイメージで素振りするといいかと思います。

 

 

インパクト時がラケットのヘッドスピードが最も上がるところになるので、シュッと音が出るくらい力強く素振りをしましょう。

 

 

ただ、スイングスピードを速くしようとすると、手首が返りながらインパクトしてしまうと威力のないボールになるので、そのような人は素振りの練習をしっかりやることをおすすめします。

 

 

素振りは自宅でも出来るので、毎日練習してフォームをしっかり固めて安定して打てるようになって、ライバルに差をつけましょう。

 

ソフトテニス上達革命の詳細を見てみる