一人でできるサーブ練習 ソフトテニス上達革命 DVD 野口英一

MENU

一人でできるサーブ練習でライバルに差をつけよう

ソフトテニスにおいてサーブは一人でも練習することができる唯一のプレーです。

 

試合に勝つためには、サーブの成功確率を高めることが不可欠。
それには、安定したトス、フォームを身につけること。

 

そして、試合同様に緊張感をもって、コースを打ち分けれるように意識して行うことが大切です。

 

 

そんな一人で出来るサーブ練習としては、壁打ちが一般的でしょう。

 

壁をネットに見立てて、ネットからベースラインと同じ距離のところからオーバーヘッドサーブを行います。

 

これならコートがないところでも練習できます。

 

 

この時に、自分の打点を壁で確認できるようにしてから練習すれば、試合でも一定の打点でサーブが打ちやすくなります。

 

サービスのコースは打点の位置によって打ち分けますが、サーブの角度をつけたコースに打つときには、インパクト後に手首をやや曲げてラケット面で方向づけしてスイングすることがコツです。

 

また、サーブの構えの前に自分なりのルーティンを決めておけば、試合で集中したい時などにいつもと同じリズムで打ちやすくなります。

 

 

サーブは自らがボールを打つ行為なので、練習はテニスコート以外でもでき、練習したことは決して裏切りません。

 

繰り返し努力することが一番です。
一人でできるサーブ練習でライバルに差をつけましょう。

 

TOPへ